Blog

i001_468

イギリスの大英博物館は、ロンドンの観光名所の中でも人気の高い博物館です。その収蔵品の数や話題性によって世界から多くの観光客を集めており、来館者の半数以上がイギリス国外からの来訪と言われています。

ロンドン旅行では必見の大英博物館ですが、その特徴を知ることで楽しみ方も広がり、印象深い思い出として残すことができます。そのため、ここでは大英博物館について、代表的な展示物を交えながらご説明します。また展示品への理解を深め、効率的に観賞するために、大英博物館で提供されているサービスについてもご紹介します。

 

膨大な数の収蔵品を誇る大英博物館

大英博物館には、およそ800万点もの美術工芸品や発掘品などが収蔵されています。大英帝国が全盛期であった頃に集められた、世界中の貴重な収蔵品が多数展示されており、1日ではすべてを見て回ることさえ困難なほどです。

しかし嬉しいことに、大英博物館の入館料は無料であるため、気軽に連日訪れることも可能です。ロンドンでは、多くの国立博物館やギャラリーが無料で入館できますが、世界最大規模の大英博物館も例外ではないのです。

休館日は、元日と12月24日から26日の間のみに限られており、毎日開館しています。基本的な開館は午前10時から午後5時半までですが、金曜日には多くの展示室が午後8時半まで開館を延長するため、じっくりと観賞することができます。

また大英博物館には、収蔵品の素晴らしさだけでなく、建築物としての魅力もあります。ネオクラシック建築の傑作とも評される大英博物館の佇まいそのものが、訪れる人々を魅了する1つの芸術作品となっています。

 

大英博物館を代表する貴重な展示物

大英博物館の数ある素晴らしい収蔵品の中でも、見逃すことのできない代表的な展示物を3点ご紹介します。

1つ目に挙げるロゼッタストーンは、紀元前196年にメンフィスにおいてプトレマイオス5世が発令した法令が刻まれた石碑の一部です。碑文は、古代エジプトの神聖文字であるヒエログリフと民衆文字、ギリシア文字で記述されており、これがヒエログリフの解読に重要な手掛かりとなったことが知られています。

2つ目は、パルテノン神殿の彫刻群です。神殿建築において重要なペディメントとして、東には神々の世界が、西には女神アテナと海神ポセイドンの主権争いが表現されましたが、その部分に飾られていた丸彫り彫刻が展示されています。

他にも神話における戦いが描かれた高浮き彫りや、女神アテナに捧げる大祭の行列を描いた浅浮き彫りが展示されており、古代ギリシア時代の最高傑作を目の当たりにすることができます。

3点目は、エジプトのミイラです。人間のみでなく、ネコやワニなどの動物のミイラも多数展示されています。特に、現存するミイラの中でも初期に属する、紀元前3400年頃に埋葬されたミイラは、長い年月を経てもなお状態が良く、ひときわ注目を集めています。近年、このミイラをCTスキャンで分析した結果、死因が刺殺と判明し、殺人が証明された最古のミイラとして話題となっています。

 

大英博物館をより楽しむためのサービス

大英博物館は、知識なく訪れても多くの展示に目を奪われますが、詳しい解説を受けることで、より深く理解することができ、感動も高まります。大英博物館では、そのためのサービスも数多く提供しています。

まずは、展示室において受けられる英語ガイドです。展示室ごとに設けられたガイドツアーの時間に足を運ぶことで、無料で詳しい解説を聞くことができます。ガイドの所要時間は30?40分です。

マルチメディアガイドの有料レンタルも非常に役立つアイテムです。これは、200以上の展示品についての解説やルート案内をしてくれる携帯型ガイド機器で、画像や音声で解説を提供します。外国人観光客に配慮して、日本語を含む10言語に対応しています。グレートコートと呼ばれる中庭で借りられますが、年齢別に料金設定があり、19歳以上では5ポンドとなっています。

同じくグレートコートの入口付近では、公式ガイドブックも販売されています。日本語版も用意されており、1冊6ポンドで購入することができます。

また、展示品の一部を手に取って触れさせてもらえる「ハンドリング・セッション」が毎日11:00から16:00の間に開催されています。展示品に触れる経験は、貴重な思い出として心に残ることでしょう。

 

おわりに

ロンドン観光の王道、大英博物館についてご紹介しました。大英博物館では、貴重かつ膨大な数の収蔵品が展示され、世界中から多くの観光客が訪れています。さまざまな国からの来館者が展示品への理解を深め、楽しむためのサービスも充実しています。

所在地

 

参考URL

ロゼッタストーン?ウィキペディア

ミイラのジンジャーについて?毎日新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article