Blog

PAK75_englishkucchi-20141206204016500

旅行やビジネスのため英語を習得したい、と考えた時に意外とひっかかるのが、イギリス英語とアメリカ英語の違いです。同じ言語でも、細かい単語や発音の違いがあり、それは話す内容にも影響してきます。イギリス英語とアメリカ英語の違いを知っておくことは、会話の際に相手の文化や背景を知ることにもつながり、非常に大切です。

ここでは、イギリス英語とアメリカ英語の違いをまとめてみました。

 

単語の違い

最も大きな違いとして、単語の違いがあります。例えば建物の階数を表す時、「first floor」と言うと、イギリス英語では「2階」を、アメリカ英語では「1階」を指します。

他にも「秋」はイギリス英語では「autumn」、アメリカ英語では「fall」と単語自体が変わります。このように、同じ単語でも意味が違ったり、それぞれに呼び方が違ったりする単語はたくさんあります。代表的なものをいくつか挙げてみます。

〈例〉

一階 ground floor(英)/first floor(米)

二階 first floor(英)/second floor(米)

三階 second floor(英)/third floor(米)

秋 autumn(英)/fall(米)

アパート flat(英)/apartment(米)

携帯電話 mobile/mobile phone(英)/cellular /cellular phone(米)

紙幣 note(英)/bill(米)

勘定 bill(英)/check(米)

店員 shop assistant(英)/salesclerk(米)

ショッピングセンター shopping center(英)/mall(米)

荷物 luggage(英)/baggage(米)

休暇 holiday(英)/vacation(米)

高速道路 motorway(英)/freeway/highway(米)

サッカー football(英)/soccer(米)

ズボン trousers(英)/pants(米)

庭 garden(英)/yard(米)

ガソリン petrol(英)/gasoline(米)

缶 tin(英)/can(米)

トイレ toilet(英)/bathroom(米)

セーター jumper(英)/sweater(米)

地下鉄 underground/tube(英)/subway(米)

エレベーター lift(英)/elevator(米)

 

また、同じ行動でも、動詞や名詞が変わる場合もあります。

〈例〉

手を洗う wash my hands(英)/wash up(米)

お皿を洗う wash up / wash the dishes(英)/wash the dishes(米)

お風呂に入る have a bath(英)/take a bath(米)

 

「お風呂に入る」と同様、「shower(シャワー)」、「break(休憩)」、「holiday(休日)」なども、イギリス英語では「have」、アメリカ英語では「take」が使われます。

 

発音の違い1?イギリス英語の特徴

それでは次に発音の違いです。まずイギリス英語からです。イギリス英語の発音で特徴的なのは、母音の後の「r」が発音されにくいことです。

例えば「water」という単語は、イギリス英語では「ウオーター」と発音され、アメリカ英語では「ウオーラァ」といった発音になります。

さらに、アメリカ英語では抜けやすい「t」の音を、イギリス英語でははっきり発音するという特徴もあります。例えば「often」は、イギリス英語でははっきりと「オフトゥン」と発音し、アメリカ英語では「オッフン」と、「t」を落とした感じで発音されます。

 

発音の違い2?アメリカ英語の特徴

アメリカ英語の発音の特徴は大きく3つあります。

1つめは、単語の最後の「t」が抜けやすいことです。例えば「what」が「ワッ」、「cut」が「カッ」などの歯切れ良い発音になります。

2つめは、単語の真ん中の「t」が「d」や「l」に近い発音になることです。「party」が「パーディ」、「better」が「ベラァ」など、少し舌を巻いた発音になります。

3つめは、「n」の後の「t」が発音されにくいことです。例えば「international」が「イナナショナゥ」という風に、こちらも舌を巻いた感じになります。

発音の違いは、全体としてイギリス英語の方が、子音がはっきりと発音され、日本人の自然な発音に近いと言えるでしょう。

 

時制の違い

続いて、時制の違いについてみてみましょう。ついさっき起こったこと、最近の出来事をあらわす時には、現在完了形や過去形を使います。

こうした時制の使い方にも違いがあります。イギリス英語は現在完了形を、アメリカ英語では過去形を使うのが一般的だと言われています。

 

〈例文〉

「鞄をなくした。私の鞄、見なかった?」

イギリス英語 「I have lost my bag. Have you seen it ?」

アメリカ英語 「I lost my bag. Did you see it ?」

 

アメリカ英語では単純に過去形で表しているのに対し、イギリス英語では「have」+過去分詞で現在完了形になっているのがわかります。

また、「just」「already」「yet」は文法上、完了時制とともに使われることになっていますが、アメリカ英語では過去形とともに使われます。

 

〈例文〉

「ちょうど晩御飯を食べたところだよ」

イギリス英語 「I have just had dinner.」

アメリカ英語 「I just had dinner.」

 

時制に関しては、文法にのっとって現在完了を使うのがイギリス英語、単純に過去形を使うのがアメリカ英語だと覚えておくとよいでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。この他にも細かい違いはあり、世界中の国や地域によっても使われている英語は変わってきます。例えばヨーロッパ諸国やアフリカ諸国では比較的イギリス英語が、カナダや南米諸国ではアメリカ英語が使われているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article